FC2ブログ

30代を生きるエンジニア備忘録

Qiitaや気になったことをメモ!!

テレワーク×働き方について考える



見えない相手(声だけ)と、どう仕事をするか?

◆基本的にポイントになるのは、以下三点

1.「認識共有をしっかり合わす」→依頼事項のゴールまでに進捗としていくつかのポイントを有識者と決めて、そのポイントに沿って状況をシンプルかつ分かりやすく伝えることが大切。

2.「チャットのやり取り」→多すぎても相手の時間を奪うだけなので気を付ける。

3.「音声ツールでの声張り、トーン」→技術系であれば朝会または夕会、昼会、作業途中での会話くらいでしかないと思いますが、声が通らないとやはり、1番目の認識共有すらできなくなってしまう。⇒議事で残してあれば作業的にしやすい仕事もありますが、議事だけではわからない場合もあるので重要と思います。


この3点に気を付けて、さらに出社よりも特に進捗管理に気を付けて作業する。

手詰まりになりそうな場合は有識者との時間の都合をつけて、しっかり不明点を確認しながら

作業を進めていく。

下線部「有識者との時間の都合をつけて」においては、聞きたい内容をシンプルにして

聞きたいポイントを整理して、箇条書きにし、伝わるレベルを準備しましょう。

準備した上で、会話しても大丈夫な時間の確認を取る。


◆自身の一休みポイントを1~2時間に1回設ける

適度な休憩は大切。間違いを起きないためにも必須事項。


◆作業ペースを意識して行動する

~したら、チャットで報連相する。

SlackやTemasなどで通知が来たら、反応する。※特に自身宛てのメンションには注意




  1. 2022/08/17(水) 22:29:10|
  2. テレワーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0