FC2ブログ

30代を生きるエンジニア備忘録

Qiitaや気になったことをメモ!!

午後問題にチャレンジ編

データベースや組込みシステム開発、プログラミング・・・といろいろありますが、
個人的に、データベースとネットワークのパターンが分かれば解きやすかったので
以下に一例を載せました。

あとは、パターンの解き方に慣れていくために過去問反復の流れになるでしょう。

平成30年春期午後問題問5ネットワーク

Webサーバの冗長化には,Webサーバを2台構成にし,DNSの機能であるDNS<a>によって負荷分散する方式があるが,可用性向上策としては十分でない。そこで,負荷分散装置を利用してWebサーバを冗長化することにした。負荷分散装置自体は,アクティブ/スタンバイ方式で冗長化する。

A社のドメイン(example.co.jp)の情報(以下,ゾーン情報という)を管理するDNSサーバの冗長化は,B社が提供するDNSサービスを利用して実現する。A社のDNSサーバ(ns.example.co.jp)をマスタDNSサーバにし,B社のDNSサーバ(以下,B社DNSサーバという)(ns-asha.example1.ne.jp)をスレーブDNSサーバにする場合,A社又はB社が実施する作業を次に示す。

A社のドメインを管理するDNSサーバとして,B社DNSサーバのFQDNと<b>を,JPドメイン名の登録管理事業者に登録申請する。
A社のDNSサーバのゾーン情報にNSレコードを追加して,スレーブDNSサーバのFQDNを設定する。
ゾーン情報の設定・変更作業を一度で済ませるために,A社のDNSサーバのゾーン情報を,<c>DNSサーバへ転送させるのに必要な情報を設定する。

設問1
本文中のa~cに入れる適切な字句を答えよ。

a: ラウンドロビン
b: IPアドレス
c: スレーブ

設問2
図3中のd~fに入れる適切なIPアドレス又はFQDNを解答群の中から選び,記号で答えよ。



d:ns-asha.example1.ne.jp
e:200.α.β.1
f:200.α.β.4

続きはこちらのページへ




  1. 2022/04/16(土) 19:49:33|
  2. 応用情報技術者試験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<04/17のツイートまとめ | ホーム | 応用情報直前対策編*5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://rickey.jp/tb.php/1704-4c1dbe3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)