FC2ブログ

30代を生きるエンジニア備忘録

Qiitaや気になったことをメモ!!

Javaフレームワーク

◆Javaフレームワークが広く必要とされている背景
→ITが果たす役割の変化

・2000年代にはITの役割はあくまでもビジネスのための道具、ツールの1つに過ぎない。
・2010年代に入るとITは業務効率化の手段としてビジネス価値の一部を担うようになる。
・2020年代になるとITはビジネス差別化のための手段となり、ビジネス価値に直結する。

現代では時代の変化に柔軟に対応でき、かつ高品質のシステムを開発し続けることがビジネス価値と企業競争力を最大化するためには欠かせない。またシステムそのものの特性も、長期安定稼働を何よりの至上命題とする「SoR(System of Record)」のシステムだけでなく、柔軟かつ迅速に顧客ニーズに対応しながら多様な顧客接点を提供する「SoE(System of Engagement)」のシステムが重視されるようになってきた。ここでもまた、時代の変化に、柔軟・スピーディーかつ高品質なソフトウェア開発が求められている

・ITで実現することが、ビジネス価値に直結=DX

DXとはデジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)のことを指します。

なぜその頭文字をとったDTではなく、DXと呼ばれるのでしょうか。「X」はどこからきたのでしょうか。

これは「transformation」という単語にその理由が隠されています。transformという言葉は、「変形させる、変形する」というような意味を持つ言葉ですが、これはtransとformという2つの部分に分けられます。

form(フォーム)が「変形」のうちの「形」に当たる部分であるというのは、「投球フォーム」などという言葉からもわかりやすいですが。
transは「変える」という意味合いよりはむしろ、「超える、横切る」という意味合いに近いです(「形を超える」「ある形からある形に横断する」ということを変形のイメージとして捉えているようです)。

この「超える」という意味でtransformとほぼ同じ様に使われるのが、「cross」という言葉です(道路を横断することを、cross a streetなどと言うので、馴染み深いかと思います)。

そしてこの「cross」という言葉は、英語圏ではよく、アルファベットの「X」で表されます。
このXこそが、DXのXにあたります。

◆Javaデベロッパーの支持を集める「Springフレームワーク」
Spring特徴
既存部品を使って機能を実装することでコード量を減らし、同時にバグも減らすことができます。またコードの保守性や可読性も向上するため、コードレビューやテスト工数を削減する効果もあります。品質に優れたフレームワークを使うことでこうしたメリットを享受でき、ひいてはシステム開発の品質とスピードの向上を実現できる。
  1. 2022/08/09(火) 07:28:59|
  2. プログラミング系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<朝活:品質管理について考える | ホーム | バックアップデータ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://rickey.jp/tb.php/1737-8f86a8b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)