FC2ブログ

30代を生きるエンジニア備忘録

Qiitaや気になったことをメモ!!

朝活:品質管理について考える

品質管理のあるべき姿を現実のものにしていくには、目標を立てることが重要です。

目標を設定するときは、目標値(どこまで改善するか)期限(いつまでに行うか)を明確にします。

また、目標設定においては、自工程完結を重視します。自工程完結は、トヨタ自動車で生まれた考え方で、不良を後工程に流さないしくみ作りのこと

<品質管理の問題解決手法>
QCストーリー
  もともとは改善の内容を報告する際などに使われていました。改善活動にもプロセスを利用できることから、品質管理の問題解決手法としても使われます。
 
1.取り組む問題を設定する
まず、取り組むべき問題を選定します。ここでの問題とは、設定目的(あるべき姿)と現状とのギャップです。ほかの問題と比べ、重要度の高いものを選定します。
2.計画を立案する
取り組む問題を設定したら、いつまでに解決しなければならないことか、いつまでに何をすべきか、概要を把握し、スケジュールを立てます。
3.現状を把握する
設定した問題をもとに、現状がどうかデータを集めます。データとは、たとえば、不良品の率、工程別の不良品率、不良の種類、などです。このプロセスでは、現場にも足を運び、データとして取得できないような現状も記録しておきます。
4.問題の要因を分析する
集めたデータの分析やQC7つ道具を使って、あるべき姿と現状の差を生み出しているのは何か、その要因を分析します。
5.対策の立案をする
分析でわかった問題の要因から、ギャップを埋めるための対策を考えます。対策はひとつと限りませんので、いくつか出してみて、効果的と思われるものを選択すると良いです。
6.効果測定
対策を実行に移し、確認するのが次のステップです。効果の測定は、当初のギャップと、対策を行ったあとのギャップで測ります。
7.歯止めと標準化
効果測定後、目標に達していなかった場合は、2へ戻ってプロセスを繰り返します。目標に達したことが確認できたら、次に行うのは歯止めと標準化です。同じ問題が再発しないよう歯止めをかけ、マニュアルを更新するなどして標準化を図ります。
  1. 2022/08/10(水) 07:43:10|
  2. 品質
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ここ最近のITニュースまとめ | ホーム | Javaフレームワーク>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://rickey.jp/tb.php/1738-88ae8b30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)